グリーンキッシュ
×6、×12 [12]
Green Quiche
ボスディン菜を使ったキッシュ。
【効果】 MP+10 / VIT-1 / AGI+1 / 飛命+7%(上限15) (30分)

HQ:エメラルドキッシュ
×6、×12 [12]
Emerald Quiche
美味しく焼けたグリーンキッシュ。
【効果】 MP+15 / AGI+1 / 飛命+7%(上限20) (1時間)

調理:60
】 パイ生地 / ブラックペッパー / 岩塩 / オドリタケ / セルビナミルク / ストーンチーズ / ボスディン菜のソテー / 鳥の卵



リアルレシピ

グリーンキッシュ

【材料】(18cmのタルト型1枚分)
[タルト生地]
薄力粉      200g
塩         一つまみ
バター       100g
卵         1個
水         小さじ1
[フィリング]
ベーコン      3枚
マッシュルーム  5個
小松菜       1/2把
バター       大さじ1
卵         2個
粉チーズ     大さじ3
生クリーム    50cc
ナツメグ      少々
塩・コショウ    適量
ピザ用チーズ   適量

【作り方】
準備
・生地用のバターを角切りにし、冷蔵庫でよく冷やしておく。

[タルト生地]
1. 薄力粉と塩を合わせてふるい、バターを加えて、砂状になるまで手ですり合わせるようにして混ぜる。
2. 1.の真ん中にくぼみを作り、溶いた卵と水を加えて、切るようにして混ぜる。
3. 台に移して、全体が均一になるように手でこねる。あまりこね過ぎると生地が固くなるので注意。
4. 一纏めにしてラップで包み、冷蔵庫で3時間ほど休ませる。
5. 麺棒で2〜3mmの厚さにのばし、型に敷き詰める。底をフォークで穴をあけ、生地を切り落とさないまま冷蔵庫に入れて1時間休ませる。
6. 余分な生地を落とし、アルミホイルを敷いた上に重石を乗せて、170℃のオーブンで10分焼く。その後アルミホイルごとアルミホイルをどけ、もう10分焼く。
7. 卵黄(分量外)を軽く底に塗り、余熱の残ったオーブンに1分ほど入れる。
[フィリング]
8. ベーコンは1cmの細切り、マッシュルームは薄切りに、小松菜は2〜3cm幅に切る。
9. フライパンで油を引かずにベーコンを炒め、脂身が出たらマッシュルームと小松菜の芯を加えて炒める。バターと葉を加え、塩・コショウで軽く味付けし、しんなりするまで炒める。
10. オーブンを200℃に予熱する。卵、生クリーム、粉チーズ、ナツメグを混ぜて卵液を作り、塩・コショウを加えて味を整える。
11. タルト生地にフィリングを乗せ、卵液を流し込んだ上にチーズを散らし、オーブンで20分焼く。

【memo】
グリーンキッシュ。前回のバタリアキッシュが好評だったので、今度は小松菜でやってみました。
ヴァナでは両方ともパイ生地なのですが、それだと本当にホウレンソウと小松菜を入れ替えただけになってしまうので、今回は敢えてタルト生地です。もともとキッシュはタルト生地のものなので、本筋に戻ったということで一つ。
伸ばした生地を型に敷き詰めた後に縁を切らずに放置するのは、焼き上がりの縮みを防ぐためです。私も今回初めて知りました。フィリングが入りきらなくなる可能性があるので、やっておいた方がベターです。

今回、記事を上げるのをうっかり忘れていて、気づけば一か月ほど経っていました。
き、気をつけよう……!
| Windy | 野菜料理 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://mandra.claudia.oops.jp/trackback/1215566